ニキビ

ニキビがずっと治らない時の対処法

ニキビがなかなか治らないというのは、結構精神的にもきついものがある。

僕も中学1年の時から大学生の今に至るまでニキビに悩まされてきた。

しかし最近になって色々と試していく中でニキビがだんだんと改善してきたので、今回はそれについて詳しく書いていこうと思う。

通う病院を変えてみる

ニキビに悩んでいる人の多くは皮膚科に通っていると思う。

ディフェリンやダラシンなどの保険適用内の塗り薬などを処方してもらっているのではないか。

実は病院によって、というか、皮膚科の先生によって推しの塗り薬というのは変わってくる。

つまり、A先生はaという薬を処方してくれるけど、B先生はbという薬を処方してくるという具合に、先生によって処方してくる薬が違ってくるのである。

これは完全にその皮膚科の先生の好みであるのだが、やはりその薬が体に合わない場合があって、副作用は起こっていないけどほとんどニキビが治らないということが起こる。

よって、1つの病院に行って、その薬が体にあっていて効いているのであれば問題ないのだけど、全く効かなかった場合には病院を変える必要が出てくる。

病院を変えるのも有効な手段!

僕は実際に4つほどの病院に行ったのだが、やっと4つ目の病院で信頼できる医者に出会うことができた。

今通っている病院の治療でなかなかニキビが治らない場合には別の病院でみてもらうことをおすすめする。

スキンケアを変えてみる

病院を変えてみたりして、いい医者に出会えたら次はスキンケアを見直そう。

医者によっては化粧水だけ塗れば良いということを言ってきたり、はたまた日焼け止めだけで良いという医者もいる。

確かにそれに従って治れば良いのだが、なかなかそれではうまくいかないことがほとんどだと思う。

実は医者は化粧品の会社と組んでいて、その会社の化粧水とかスキンケア商品を売ってくる場合がある。

悪質な美容商品に注意!

それでは自分にあったスキンケアを身に付けるのに時間がかかってしまう。

僕のおすすめは

化粧水→乳液→美容オイル

の順でスキンケアをすることだ。

たまに、オイルなど、保湿をしすぎるとそれが毛穴に詰まってニキビができやすくなってしまうのではないかという人がいるがそれは間違いである。

確かに短期的にみるとオイルなどはニキビによくないかもしれないが、

一番大事なことはニキビのできにくい肌作りである。

その視点から考えたときに、

  1. 化粧水で肌を保湿する。
  2. 乳液で肌を整える。
  3. 美容オイルで潤いを閉じ込める。

という流れが最適だと思う。

実際に、僕は皮膚科で言われたどの保湿方法よりもこの保湿方法がしっくりきているし、ニキビができにくくなった。

ただ、この方法はあくまで僕の肌にとっての最適解であったということなので、自分で色々なスキンケアを試してみて欲しい。

試していくうちにしっくりくるものが見つかるはずだ。

保険適用外のニキビの治療を考える

そして、上で紹介した方法を実践しても全くニキビが治らないという人がいると思うが、そういう人は生まれつきニキビができやすい肌である可能性がある。

僕も皮膚科を変えるのと、スキンケアを見直したり、食事に気をつけたりしたが、やはりまだ完全にニキビができるのを防ぐことはできなかった。

そこで大事となってくるのが、保険適用外のニキビ治療を考えることである。

具体的にはピーリングはヒートニードリングなどがある。

ピーリングはサリチル酸マクロゴールの薬剤をお顔全体に塗布し、肌表面にある古い角質を取り除き、ニキビ・ニキビ跡などの肌荒れの改善に適した治療である。

ヒートニードリングというのは、ニキビに1つ1つ針をさして高周波を流し、皮脂腺そのものを壊すことでニキビの元を断つという方法である。

僕自身はヒートニードリングを今はやっている。

この治療をやる前は顔にだいたいニキビが30〜40個くらい常にできている状態であったが、1回ヒートニードリングをやるたびに10個ずつくらいニキビが減っている。

たまに、ヒートニードリングは皮脂腺を壊してしまうので、肌が乾燥してしまうのではないかという人がいるが、問題ない。

ぶっちゃけ顔全体で言うと、皮脂腺は何十万個とあってそのうちの数十個を壊したところで関係ないからだ。

そもそも皮脂腺が多すぎてニキビができているわけであるから皮脂腺を間引くくらいがちょうどいいわけだ。

料金としては病院によってもかなり変わってくるが、僕の通っている病院であれば、10個で1万円だった。

僕の場合は1回の治療で20個のニキビにやっていて、現在2回の治療を終えたところである。

だいたい5回くらいやるとほぼ全てのニキビはできなくなるらしい。

だいたいの治療期間は、1回につき1ヶ月の間を開けるので、半年くらいだと思う。

まあ回数や治療期間は人によってニキビができている個数が変わってくるので結構ばらつきがあると思う。

まとめ

ニキビがずっと治らない時の対処法まとめ
  • 通う皮膚科を変えてみて、自分にあった医者を見つける。
  • スキンケアを変えてみる。この時、医者の意見を鵜呑みにするだけでなく、自分で色々と試してみる。
  • それでも治らないときは保険適用外の治療も考えてみる。

ブログランキング参加中です。ポチッとよろしくお願いします。 ↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


禁欲日記ランキング