オナ禁全般

オナ禁を長期間継続させて結果を出すコツ

どうせ辛いオナ禁をするならきちんと結果をだしてあわよくば楽しみたい。

今回はそのコツを紹介していく。

まずは短い日数から始める

オナ禁をいきなり1年やる!などと意気込んでも1週間と続かずに失敗するのがオチだ。

オナ禁初心者の場合にはいきなり長期間やるのはおすすめしない。

これまで一日1回とかオナニーしていたのにも関わらず、いきなりオナ禁をし始めるとストレスがたまりすぎる場合があるからだ。

実際に僕も1日2回とかやってたオナ猿のころに1ヶ月のオナ禁を試みたことがあるのだが、だった3日で挫折してリセットしてしまった。

オナ猿の人とかはまあ頻度にもよるのだが、まずは1週間を目標に始めて見るのがおすすめだ。

短い期間から初めてみるとあることに気づく。

それはだんだんとオナ禁の苦しみが少なくなっていくのだ。

例えば、最初は1週間を目標に進めてみたとする。

予定通り1週間後にリセットをして、次に2週間を目標にオナ禁を進めるとする。

すると、その2週間というのは前の1週間よりもはるかにオナ禁が楽に感じるはずだ。

というのも、これは脳がオナニーをしないのが普通だと覚え始めるのである。

オナ禁が苦では無くなってくる。

それまではオナニーを1日に1回とか2回するのが普通だったので、もはやオナニーが日課のようになっている中毒状態だ。

オナ禁を短い期間でもいいから続けていくと、だんだんと脳がオナニー中毒から回復してくる。

画面上の女の子に興奮するのは普通ではなく、リアルの女の子とするのが普通だと思い出してくる。

オナニー中毒から完全に抜け出すのは年単位でオナ禁に取り組まなくてはいけないが、オナ猿をやっていた人ならば、わずか1週間くらいで効果を実感できると思う。

まずは短い期間から始めてみよう。

リセットしても落ち込まない

オナ禁をやってリセットしても落ち込まないようにしよう。

確かにオナニーしてしまって多少の罪悪感を感じるのはその後の反省で生かせるのでいいことなのだが、あまりにも落ち込みすぎると連続リセットの可能性も出てくる。

連続リセットとは、オナ禁日数に関係ないからと言ってリセットした日に何回もオナニーしてしまうということである。

オナニーしてしまってもあまり落ち込みすぎずに次のオナ禁の目標を立て、体をしっかり休めよう。

オナ禁は1週間であってもそれを続けていると必ず効果は表れてくる。

毎日オナニーしていた頃とはめちゃくちゃ変わった世界が見えてくる。

もうそうなればこっちのもので、どんどんオナ禁できる日数が伸びてくる。

なぜなら明らかに体の変化や精神面での変化が見えてくるからだ。

例えば女の子に対して積極的に行けるようになったとか、肌が綺麗になったとかハゲが改善してきたとかその類の効果がどんどん出てくる。

逆に連続リセットしてしまったらそれまでのオナ禁で蓄えてきたテストステロン値が地の底に落ちて、脳もオナニー中毒の状態に逆戻りしてしまう。

マジでそれまで頑張ってきた意味が無くなってしまうし、罪悪感が半端ないので最悪精神的に病むことも考えられる。

リセットしても連続リセットだけはしないように気をつけよう。

〇〇コンテンツをみない

オナ禁と同時にやって欲しいのが〇〇コンテンツをみないということである。

具体的な方法に関しては以下の記事に書いた。

効果が出る正しいオナ禁のやり方 男としての生活に大きな活力を与えてくれるオナ禁だが、そのやり方を間違えては大きな結果は得られない。 この記事では、ネット上の間違...

オナ禁と同時にセットでやると、オナ禁の効果も高まるし、オナ禁継続期間もめちゃくちゃ伸びるようになる。

また、脳がオナニー中毒になっていると、動画などの視覚的なものがトリガーとなってオナ禁に失敗してしまうということが起こる。

もうそのトリガーが押されたらオナ禁中であろうとそうでなかろうと、そのことしか考えられなくなり、近いうちにオナニーしてしまうだろう。

これはそのトリガーをなくすということだ。

そうすれば、いきなり自分の意思ではないのにオナニーしてしまったという事故が防げる。

僕自身、オナ禁を始めた時はスマホの中にある画像を全て消去、Instagramの美女たちのフォローを解除して、部屋の中のグッズなども全て捨てた。

おかげで今は長期間オナ禁をできるようになっている。

オナ禁日数を管理していく上で必須となってくるので是非実践してみて欲しい。

筋トレの強度を上げすぎない

オナ禁をする上で筋トレの強度を上げすぎないこともポイントの一つだ。

これは完全に僕の感覚でしかないが、筋トレの強度を上げまくった日にはリセットしてしまうことが多いような気がする。

おそらくテストステロンがめちゃくちゃ分泌されてそれがムラムラの原因であるジヒドロテストステロンに変わってしまうからだと思われる。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるトリガーとなるのはオナニーした時だったり他にもいろいろなトリガーがあるのだが、生まれつきジヒドロテストステロンに変わってしまいやすい人がいると思う。

これは個人で試してみてもらうしかないので、筋トレとかをガッツリしてみてどうしようもなくムラムラするようだったら気をつけた方がいいと思う。

ちなみにこのタイプの人はハゲやすい人でもあるので、筋トレとかは気持ちいいと感じるくらいの強度にとどめてのが頭皮にとってもやさしいらしい。

ブログランキング参加中です。ポチッとよろしくお願いします。 ↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


禁欲日記ランキング