オナ禁日記

オナ禁日記改10日目 ノコギリヤシやめたら活力が戻ってきた!

今日はオナ禁10日目である。

前回のオナ禁はちょうど10日目でリセットしてしまったのでまずはここまでこれてホッとしている。

やはりオナ禁は続ければ続けれるほど継続が楽になってきて、時間が味方についてくるというのを感じる。

何回リセットしようともけっして諦めず、何回でも立ち上がって挑戦する者にオナ禁の神は微笑むのではないかと思う。

ノコギリヤシは自分には合っていなかった

昨日のオナ禁日記改で、ノコギリヤシのサプリを摂取するのをやめたと書いた。

理由としては、ノコギリヤシを飲むとなんとなくうつ状態のような気持ちが落ちる感覚があったからである。

そして昨日から実際にノコギリヤシを摂取するのをやめてみたのだが、やはり気持ちがもとに戻ってきた。

まさか自分でもこんなに早く効果が現れるのかと驚いたが、あきらかに飲む前と同じくらいの活力が戻ってきた。

おそらくあのまま飲み続けていたら体を壊していたと思う。

これは完全に僕の持論なのだが、ノコギリヤシは精液の体への吸収を阻害してしまうのではないかと思う。

オナ禁の効果というのは基本的に、出さずに余った精液を体が吸収することでその恩恵を受けるということから来ている。

しかし、その吸収を阻害してしまったらオナ禁をする意味は殆どなくなってしまうだろうと思う。

ではその精液はどこに行ったかはまだ説明できないのだが、とにかく、ノコギリヤシは性欲が抑えられるだけでオナ禁の効果はあまり享受できないという感覚がある。

そうしたサプリ全般に言えることだが、体の変化をしっかりと記録しながら摂取することが大事である。

オナ禁に最適なプロテインの種類はソイプロテイン

ところでプロテインもサプリに入るのではないかという話題がたまに聞かれるが、僕の場合はプロテインは一つの食品で、サプリではなく食事であると考えている。

オナ禁と一日一食を実践している僕としてはプロテインは重要な栄養摂取の機会と捉えているので必須である。

そこでどのプロテインを摂ったらいいの?となるわけだが、ソイプロテインがいいと思う。

ソイというのは大豆という意味で、要は大豆から摂ってきたタンパク質の粉がソイプロテインである。

ソイプロテインは乳清から作られている一般的なホエイプロテインと違ってお腹を下しにくく、日本人の体に合っているのではないかと思う。

欧米人は昔からチーズを食べたりしているので乳清をとっても大丈夫なのだが、日本人の半分くらいは乳糖不耐症といって、お腹を下しやすい体質なのである。

ちなみに乳精の主成分が乳糖である。

それにソイプロテインは豆乳に溶かして飲むとめちゃくちゃ美味い。

マイプロテインなどの海外製のソイプロテインは不味すぎてとても飲めたものではないが、ザバスなどの国内産のソイプロテインはマジで美味しい。

とくに豆乳に溶かして飲むとまるで甘いコーヒーを飲んでいるかのように感じるほどである。

甘党の僕にとっては天国である。

ブログランキング参加中です。ポチッとよろしくお願いします。 ↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


禁欲日記ランキング